手荒れの現実を知る

手荒れの現実を知る

美容師に憧れる若い人は今でも多くいます。美容専門学校への進学を希望する若者はおおく、その多くの若者たちは卒業後美容師の免許を取得して勤務先を探します。ですが美容師の離職率はかなり高く、スタイリストに昇格する前に多くのアシスタントが美容室から離れていきます。そうやって美容師を続けられなくなる理由の一つに手荒れなどの体質の問題があります。多少なりともアシスタントは手荒れに悩まされるものですが、中でもドクターストップがかかってしまうほどに酷い手荒れがこじれてしまう人もいます。実はそういう現実を全く知らずに美容師の世界に入ってくる若者も少なくありません。「手荒れをする」という事は解ってはいるけれども、現実的に手荒れになった時にそれがどのぐらい辛く、一度手荒れを起こしたら完治するまでにどんな生活になってしまうのか、という事も実感としては解っていない人がほとんどなんですね。自分が直面して初めてこんなはずではなかった、こんなことではアシスタントは続けられない、と泣く泣く美容室から去る人もいるのです。もしも学生時代からそういった手荒れ体質の先輩方の話を聞いたり、知識として学ぶ機会があったならば、アシスタントとして働き始める前に、少なくとも覚悟をすることができますし、もともとアレルギー体質の人などは対策を講じる事が多少は出来ると思います。アシスタントとして手荒れがひどくなってしまうのは仕事への影響も大きくなります。本来ならそんな事になる前にお店の許可を得て早目の対処をするべきなのですが、なかなかそうはいかない環境のお店も多いものです。ではそうなってしまったアシスタントはもう仕事を辞めてしまうしかないのでしょうか?これ以上出来ないぐらい手荒れが悪化してしまったアシスタントの中には泣く泣く職場を離れる人もいます。ですがひとつだけ言えるのは一番手荒れで苦労するのはアシスタント時代だけであり、その後は過酷なシャンプーの連続はなくなる事がほとんどなのです。つまりスタイリストに昇格さえすれば、手荒れの原因となる作業はぐっと減る、という事です。ですからなんとかこのアシスタント時代の手荒れを乗り越える事が望ましんですよね。アシスタントのまま退職してしまった人の多くは全く別の職に就いている人が殆どです。望まない仕事に就くよりはなんとかその時期を乗り越える事は出来ないか、と最後まであきらめないで考えてみる事も大切でしょう。一つの方法はお店を変わってみることです。要はシャンプーの回数が多いから手荒れもひどくなるわけです。一日のシャンプーの回数が多いお店というのは、お客さんの回転率を重視している所です。そうではなく一人のお客さんとじっくりと向き合うタイプの美容室ならシャンプーの回数も少なく、手荒れがそこまでひどくならない事も考えられます。行徳 美容師 求人