縮毛矯正後のアドバイス

縮毛矯正後のアドバイス

縮毛矯正を受けたけれども、なんだかあまり効果が無い、明らかにダメージヘアになってしまった、と言う場合にはきちんと美容室に報告しましょう。それはその美容室に文句を言う、と言う事も有りますが、そのままの髪の毛で放置しておくとますますダメージが広がる可能性があるからです。特に不自然に折れ曲がっている、と思う時には、これは髪の毛がかなりストレスを感じている状況なんですね。すぐにケアする事が必要です。良心的な美容室であるならば返金は勿論ですが、きちんとトリートメントなどのケアをしてくれるはずです。ですがそもそも技術が良くない美容室であれば、そういうケアについて詳しい美容師がいない、と言うような事もあるかもしれません。返金はしてもらっても、その後のケアはもっと良い美容室にお願いする、と言う事も一つの方法かもしれません。良心的な美容室であるならば、事情を話せばたとえ縮毛矯正をしたのが自分の美容室ではなかったとしても、その後のケアをきちんと面倒を見てくれる所もあるはずです。むしろそういうお願いをきちんと受け入れて売れる美容室こそが、お客さんの髪の毛の事を本当に考えてくれている美容室である、と言えるのではないでしょうか。最初に良い美容室を選ぶのは勿論ですが、トラブルに対応してくれる美容室を探す時にはさらに慎重にならなくてはいけないでしょう。縮毛矯正をかけた直後というのは、おそらくみなさんまっすぐになった自分の髪の毛にとても満足する事と思います。ですがその縮毛矯正が成功だったか失敗だったか、と言う判断は直後では出来ないものです。なぜならトラブルの多くは縮毛矯正をかけてから数日後、または数週間後になって現れるからです。例えばもともとのクセが戻ってきてしまった、と言う事が一番多いのですが、それも数日内に起きる事が多いです。また元のくせではなくて、明らかに不自然に曲がっている髪が出てくることがあります。これは曲がっているのではなくて、その部分で髪の毛がキレたり折れたりしている、と言うトラブルです。この原因の多くは美容師の技術不足だと言われているようです。すぐにその症状が現れる訳ではないので、「どうして最近キレ毛が多いのだろう」と思って過ごしてしまっている人が多いものですが、もしも縮毛矯正をかけた事があるのであれば、それが原因となっているけーすが多いと言われています。パーマも同じですが、縮毛矯正はそもそもかみの毛にはダメージを与える施術です。ですからきちんとトリートメントを併用する事によって、できるだけダメージを押さえる事が望ましいのですが、料金を抑えるあまり、そういうケアに対してあまり熱心ではない美容室も有るようです。きちんと下調べをする事が大切ですね。大塚 美容室