その美容室は産休がとれるのか

その美容室は産休がとれるのか

結婚や出産を希望する場合、今働いている美容室は産休や育休を取得できるのか、という事がまず問題になるでしょう。法律的には産休や育休を否定するような職場はあってはならないのかもしれませんが、規則的な問題ではなく実状として産休や育休が取りやすい職場とそうではない職場がありますよね。自分が働く美容室はどんな感じなのか、という事はできれば就職する前から、もしくは就職してから見極めておく必要があるでしょう。見極め方としてはいきなり就職して「産休はとれますか?」というのも言いにくいものだと思います。ですがその美容室の先輩美容師たちを見るとなんとなく雰囲気は解ると思われます。実際に産休で休んでいる先輩美容師がいる、育児休暇が明けて復帰してきた先輩美容師がいる、という環境であれば大丈夫ですよね。ですが女性美容師の殆どが未婚の女性であったり子供のいない美容師である場合、結婚や出産を機に退職する美容師が多い、という事になるでしょう。それは本人の事情かもしれませんが、もしかしらた職場が産休や育休をとったり、育休後に職場復帰することを快く思っていないケースがあると思うんですね。自分が働いている美容室はどういう感じなのか、という事を先輩方の様子を見たり実際に聴いてみたりして見極めておくことも必要でしょう。自分が今働いている美容室での女性美容師の働き方が妊娠して出産が近くなるとみな一度はその職場を退職する、というのが慣例となっている職場であればその慣例に従わざるを得ない感じになってしまう事も考えられるでしょう。逆に快く美容師側が産休や育児休暇を認めるところも多々あります。実際に育休が開けると美容師として復帰している先輩がいればなお一層心強いものですよね。そのあたりをもし自分が子供を持つことを希望するのであれば見極めておくことが必要でしょう。ですが実際にはですが実際には育児休暇を取って育児をしている間に復帰しようと思っていた気持ちが変わってしまう、という事もよくあるようです。実際に子育てをしていない時に頭の中で描いていた生活と、子どもを持ってみて実際に直面する生活とでは雲泥の差であった、とても元の職場で元と同じ様には働けない、と実感する女性も少なくないようです。その時に考えなくてはいけないのは、子どもを持っている母親であることを、その美容室がどの程度考慮して働かせてくれるか、という事でしょう。たとえば若い美容師の指導は免除してもらえる、提示で上がらせててもらう事が出来る、子どもの行事を理由に休む事を快く許可してもらえる、といった事ですね。美容院 原宿 縮毛矯正 髪質改善 ストレートパーマ おすすめ クーポン