お店の見極めをする

お店の見極めをする

お店の見極めをする

 

アシスタント時代にひたすら練習をしている時、一つ見極めておきたい事があります。それは「このお店は自分をスタイリストデビューさせるつもりがあるのか?」と言う事です。おそらく「頑張ればスタイリストデビューできる」と信じているアシスタントが殆どだと思うのですが、まれにお店によっては「アシスタントのままでいてくれた方が好都合」と考えているお店も有るのです。それはお店の事情によるものなのですが、そのお店のスタイリストの人数やアシスタントの人数、お客さんの入り具合によっては、アシスタント業務をやってくれるスタッフがいなくては困ることもあるのです。つまり今スタイリストになられたら困る、という美容室側の事情です。そうなるとその事情が解消されるまでは、どんなに頑張ってもスタイリストデビューさせてもらえない、と言う事になるかもしれません。そのあたりを見極める事も大切です。自分はもう十分にカットの技術も身についているはずで、どうしてデビュー出来ないのか解らないという気持ちになった時には、冷静にそういったお店の事情を考えてみるとよいかもしれません。そしてもしも「これはデビューさせてもらえない」と感じた時には、美容師とを辞めるのではなくて働くお店を変える、という選択肢も考えた方が良いかもしれません。

 

アシスタント時代の挫折を乗り越えるには

 

アシスタントとしてシャンプーをしながら自分のスタイリストデビューのための練習を続けいているときには、よく「辞めたい」という気持ちになってしまうようです。それはまったくデビューできる気がしない、という感情に襲われるからなのではないでしょうか。来る日も来る日も練習ばかりで何をどうしたらデビューできるのか解らなくなってしまう時期があるようなんですね。つまりこれからどうなるのかが見えないのです。いつまでにデビューできる、とか、何ができる様になればデビューできる、という具体的なものが見えればよいのですが、多くの場合それが見えないまま練習をしているアシスタントが多いようですね。そういった気持ちになった時にはどう考えるか、と言う事なのですが、究極の所「頑張るか」「辞めるか」の二通りになってしまいますよね。頑張る、と言う場合には自分で「何をどうすればよいか」と言う物を見つける事が肝心でしょう。指導してくれる先輩に「何が悪いのか」「どうすればよいのか」と言う事を確認するのが良いかもしれません。辞めると言う選択はある意味いつでもできます。せっかくここまで美容師になるために頑張ってきたのですから、出来るだけの事はやって乗り切りたいところです。

 

特選サイト

篠崎にある美容院のスタイリスト求人
篠崎 スタイリスト 求人 美容院

 

スタイリストの求人は表参道のヘアサロンへ
表参道 スタイリスト 求人 ヘアサロン

 

横浜でヘアサロンのスタイリストの求人
横浜 スタイリスト 求人 ヘアサロン