お客さんとの感覚のずれ

お客さんとの感覚のずれ

良くある話なのですが、キャンセルする側とキャンセルされる側とでは事の重大さを感じる度合いが随分と違っている、と言う事があります。美容室の予約をキャンセルする時にも同じことが起きている事が多いですね。お客さんの方は何気なく「美容師津よりも大切な用事が入ったのだから仕方がないでしょう?」と思うかもしれませんが、美容室にとってはその予約時間に穴が開いてしまう事は決して好ましい事ではありませんし、その間の売り上げが上がらなくなる事は経営状態を左右する事になるケースもあるんですね。特にそうやって平気でキャンセルをする人はキャンセルに対する罪悪感があまりない人なのでキャンセルをするハードルも人よりも低い可能性があります。そういう人はキャンセルをする事が平気になり、繰り返す可能性が高いです。そういう顧客がいる場合美容室はかなり警戒しなくてはならないでしょう。簡単に言えばそのお客さんの予約に対して美容室は信頼を置けない状況になります。その人の予約を受け付けたとしても、本当に来るのだろうか?と思わなくてはならなくなります。だからといってお客さんであることには変わりはないので予約を受け付けないわけにはいかない、と言う美容室側の悩ましい状況が発生してしまうんですね。

 

キャンセルする罪悪感

 

美容室と言う所は、ほとんどが前もってお店に予約を入れてその時間に合わせて来店するものですよね。「予約」と聞いてかならず付き纏うのは「キャンセル」と言う言葉でしょう。居酒屋のキャンセル問題もよく話題になっていますが、美容室でのキャンセル、と言うのも実はかなりの件数あるようなんですね。そのキャンセルの中でも美容室を悩ませるのは間近になってキャンセルを申し出る「ドタキャン」とまったく連絡も無くお店に来店しない「無断キャンセル」だと思いますね。どちらも常識的にどうなのだ?と言う話になりそうですが、実際にはかなりの確率でこういったキャンセルが美容室を悩ませているようです。もちろんそんな中にもお客さん側からすれば、やむを得ない事情、というものが有るのだと思いますし、人間ですからいわゆる「うっかり」と言う事もあるかもしれません。それでもそこに「申し訳なった」と言う誠意がお客さん側に見られれば美容室側もなんとか「仕方がない」と飲み込む事が出来るかもしれませんが、あまりにもキャンセルがひどいお客さんに対しては、お店側も何らかの対策を講じる事を考えなくてはならないでしょう。客の方からすれば美容室の予約をキャンセルするとか、予約をしていた時間に行かない、という事で損害は発生しませんが、美容室にとっては大きな損害となる事も多々あるようです。

 

オススメ!

 

与野本町の数ある美容院から

与野本町にある美容院

 

美容院は与野本町にあるココ

与野本町の美容院

 

与野本町の床屋をお探しなら

与野本町にある床屋