刈り上げソフトモヒカン・ベリーショート

刈り上げソフトモヒカン・ベリーショート

同じくモヒカンスタイルであるけれども、モヒカンの様な奇抜さは無いソフトなイメージになるヘアスタイルです。サイドを刈り上げてはいるけれども、トップを長めに残す事で本来のモヒカンの強いイメージをソフトにしている感じですね。周囲に与える印象もそんなに奇抜であるイメージにはならないようです。短髪の男性を好む女性からも、男性のソフトなイメージを求める人からもこのスタイルは支持を得ているようですね。おでこを出しているので清潔感がある一方で、刈り上げの部分で男性らしいキリリとした感じも出す事が出来るので、「この人の言う事は信頼出来るかも」という印象を与える、と言われています。営業マンなどの人で少し個性を出したい、という人には向いているかもしれません。ただトップに長さがあるために、スタイリングする時にはワックスが必要になるケースもあります。あまりにワックスで決めすぎるとせっかくのナチュラルさ加減や清潔感を損なってしまう事もあるかもしれません。トップのスタイリングはワックスなどを使うならば加減が必要なヘアスタイルでもあるようですね。サイドの刈り上げを強調しすぎると、ちょっとイカついイメージにもなってしまいますので、バランスの良さが必要かもしれません。その名の通りアップバング、つまりおでこを出したスタイルで、サイトにツーブロックの刈り上げをいれたショートスタイルとなります。ツーブロックの類の中ではこのスタイルがいちばん受け入れられているようですね。おでこをだしていると清潔感と共にきちっとしたイメージがあり仕事が出来そう、というイメージにつながることが多い様です。さらにツーブロックであることで個性を出す事が出来るように思います。パーマをあてることもないので実用的でも有りオシャレをし過ぎていない感じが好感を呼んでいるかもしれません。基本的にこのヘアスタイルは女性が男性を意識する時に評価するヘアスタイルではなくて、職場で共に働く男性に対して高評価を抱くことが多いようです。つまりこのヘアスタイルは「仕事ができる男性」都言う印象を持ちやすい、という事でしょうか。ですが、きちんとスタイリングをしないと逆にスーツが似合わないようなヘアスタイルになってしまう、という難点もあるようです。個性的なビジネススタイルにしたい男性にはよいヘアスタイルですが、トータル的にビジネススタイルとしてバランスがとれているか、という事をきちんと確認する必要がありそうですね。このヘアスタイルにしていればよい、という事ではなさそうです。大島 美容師 求人