花粉症対策のヘアスタイル

花粉症対策のヘアスタイル

花粉が髪の毛に潜り込みやすい、ということが解っていれば、自分のヘアスタイルを工夫する事で花粉の付着を防御する事が可能でしょう。実は花粉の時期には花粉症対策になるヘアスタイル、というのがあるようです。基本的には髪の毛の量や長さが少ないほど花粉が付着する量は減ります。ですから毛身の毛の量を減らしたすたいる、髪の毛の短いスタイルが花粉症対策となるでしょう。勘違いされやすいのは髪の毛があると花粉から顔周りを守ることができる、という風に思っている人がいるようですがそれは逆効果の様です。顔周りに付着した花粉が目や鼻に入ってしまうからです。ですから花粉の季節は顔周りは髪の毛がかからないヘアスタイルにしておくのが正解の様です。その考えに基づけば、前髪も短い、もしくはあげたりするヘアスタイルの方が望ましいです。この前髪で花粉対策をするのは効果が大きい様す。前髪に花粉が付いていると当然目に入りますし、そのまま下に落ちた花粉が鼻に入る確率も高いです。ですから前髪のスタイルを変えるだけで随分と花粉症の症状が楽になった、という人は多いようです。美容師が花粉症であればそういう事をよくわかっています。自身のヘアスタイルもそのあたりを意識するでしょうし、お客さんが花粉症だと解ると、さりげなくそういうスタイルを勧める事ができます。実は花粉症の人が悩まされる花粉をいかに自分の身の回りに付着させないか、という事は美容師の皆さんが良く知っているようです。それは花粉は髪の毛にとても付着しやすいからです。私達は外出先から帰宅したり屋内に入った時に衣服に付着した花粉を落とす事は意識をすると思います。ですが衣服以上に花粉が付着しやすいのが髪の毛なんですね。そして髪の毛は細い毛が何万本と重なり合っている状態ですから付着すると言うよりは髪の毛の中に潜り込んでしまっている状況になってしまうわけです。ですからたとえ髪の毛の表面を払ったとしても中に潜り込んでいる花粉は落ちない事が多いんですね。ですからできれば屋内に入る前に髪をバサバサとはらって花粉を落としてしまう事が望ましいのですが、なかなか玄関先や建物の入り口付近でそのような行動をとっているのはちょっと怪しい感じになるのでなかなかできませんよね。ですが髪の毛の中には花粉がもぐりこんでしまっている、という事を知識として持っているかどうか、とうだけでも違ってくると思います。もぐりこんだ花粉を払うのは難しくても、もぐりこむ前に防御する事はできるかもしれません。たとえばニット帽をかぶるのもよいですね。最近は春先でも被るおしゃれなニット帽もありますね。町田駅 美容室 求人