一手間を大切にする

一手間を大切にする

髪の毛に対するホームケア、というのは何もとても高いシャンプーを購入するとか美容室と同じヘアケア剤を使う、といった事ばかりではありません。実はほんのひと手間かけるだけでも十分なヘアケアになる事が多い様なんです。たとえばシャンプーの時ですが、おそらく多くの人は不通に入浴時に髪の毛を濡らして洗い始めると思います。ですがその前にひと手間かけるだけで髪の毛への負担は随分と軽くなる様なんですね。それは髪の毛を梳かす、という行為です。髪の毛が絡まったまま濡らして洗い始めると、その絡まったままの状態で髪の毛が引っ張られたり擦り合わされたりするので髪の毛の表面がかなり傷ついてしまうんですね。ですがあらかじめ梳かして指どおりが良い状態にしておくと髪の毛の摩擦が少なくて済みます。シャンプー剤が髪の毛の間に入りやすくなるのでまんべんなく洗う事ができます。髪を梳かす、というのはそんなに大変な行為ではありません。入浴前に髪を梳かす習慣をつけておけばよいのです。おそらく慣れてくればなんともない事だと思われます。ですがそれを365日やるかやらないかで、随分と髪の毛の負担は違ってくるんですね。他にもシャンプー剤を付ける時にはまず手のひらに取って泡立てる、というのも大切な一手間の様です。シャンプーの個々のプロセスと言うのは髪の毛にとって決して良いものではない事が殆どです。ですが髪の毛の汚れを落とす事は大切ですし、頭皮の汚れも落とさなくてはいけません。そのためにははやり髪の毛を濡らしてシャンプー剤を付けて洗って乾かす、というプロセスはどうしても避けられないものであると言えるでしょう。ではどうしたら良いのか、というと考えかたとしてできるだけダメージの少ないシャンプーの仕方を毎日続ける、という事しかありません。別の見方をすれば良くないシャンプーの仕方をし続けたら、一日では大したダメージにはならないかもしれませんが、一年間その小さなダメージを与え続けたら相当なダメージを与えることになる、という事なんですね。ですから家でシャンプーをする、という行為はできるだけ小さなダメージを無くしたうえで続けていくものだ、という事になるでしょう。たとえばタオルドライの時にゴシゴシと髪をこすらない、という事も小さなことですが確実に毎日髪の毛を傷つけていきます。シャンプー選びにしても同じです。髪に良くないとされている成分を大量に含んでいるシャンプーを選ぶのは良くありません。ドライヤーの当て方にも気を付ければずいぶんとダメージが低くなると考えられます。美容院 ヘアサロン 渋谷 カラー トリートメント おすすめ クーポン