現実から少し離れる時間

現実から少し離れる時間

育児中のママたちの願いの一つに「子どもを預けてゆっくり美容室へ行きたい!」と言う事があるようです。映画とかカラオケとか、という純粋に自分のために楽しむ娯楽、というのも有ると思いますが、美容室を挙げるママたちが多い、というのはやはり日々の生活の中で「私はこんなにずぼらじゃない!本当はもっとおしゃれなのに!」とイライラしながら生活している様子がうかがえますね。美容室へ行く、というのは単純に伸びきった髪を何とかしたい、と言う必要に迫られた感覚だけではなく、美容室へ頻繁に通う事が出来たあのころの自分を思い出したい、という願望も有るのではないでしょうか。もしもそういう願いが叶うのであれば、その時にはいっそこれまでにない贅沢を美容室でしてみるのも良いと思います。例えばこれまでにはなかったトリートメントやヘッドスパをお願いしてみる、と言うのも良いでしょう。育児中にシャンプーをする時には、お子さんと一緒にお風呂に入っている人も多いでしょうから、ままならないものです。日々たまった疲れや汚れを落としてもらうには、ヘッドスパは最適です。そうやって「自分の事にも時間やお金をかける事が、育児中だって出来るのだ」と感じる時間を持つことは、育児中のストレスとの向き合い方の中でとても大切だと思いますね。「子どもが生まれてから時間が過ぎるのがとても速い」「あっという間に一年が過ぎていた」と感じる女性が多いようです。とにかく育児中は目の前の事に振り回される生活が続き、忙しさとの戦いだ、と言う感じなのではないでしょうか。そんな中でもおしゃれ心を忘れないで、綺麗にしていられることが、少しでもかつての自分を思い出す事が出来ると思いますし、独身時代とは変わらない自分が残っている、と感じられることは日々の忙しさの中でもちょっとした落ち着きを取り戻す事が出来るきっかけとなるのではないでしょうか。ですがそのためには時間をかけなくてもオシャレが出来る、というヘアスタイルやスタイリング方法が望ましいですね。その時に考えたいのは年間で長期的なヘアスタイルを考えることです。例えば「夏は暑いからショートヘア!その方が手間もかからない」と思うかもしれませんが、逆に美容室へ行く間隔が短くなる可能性があります。逆に夏場にはロングにしてまとめ髪を楽しむ、という考えにするのも良いですね。夏場や髪の毛も乾きやすいのでヘアケアも楽に感じるでしょう。逆に冬場は髪を乾かすのにも時間がかかります。お子さんの世話をしているとすぐに自分の髪を乾かす事は出来ないかも知れません。思い切って冬はショートにして夏場にかけて伸ばしていく、と言うサイクルを考えるのも一つの方法でしょう。調布 美容院